宿泊業

― 宿泊業分野における特定技能の方針 ―

宿泊業分野の状況

近年の訪日外国人旅行者の増加や、2020年4,000万人、2030年6,000万人の政府目標達成に向けた宿泊需要に対応するため、2023年までに全国で約10万人の人手不足が発生すると予測されており、外国人を含むた人材の確保が不可欠となっております

特定技能1号の試験について

主体 方法 開始時期 国内の試験
実施の有無/回数(年)
海外の試験
実施の有無/回数(年)
代替試験
技能 一般社団法人宿泊業技能試験センター 日本語によるマークシート方式、口頭による判断等試験 2019年4月 有/2回 有/2回
日本語 独立行政法人国際交流基金 CBT 2019年4月 無/- 有/6回 N4レベル

特定技能1号の試験日程

試験日程 2019年4月14日(日)
受付開始:12時00分
受付締切:12時50分
試験時間:13時00分~
実施試験 宿泊業技能測定試験、日本語基礎テスト
実施場所 札幌会場:北海道札幌市中央区大通西10丁目 北海道運輸局
仙台会場:宮城県仙台市宮城野区鉄砲町1-2 東北運輸局
東京会場:東京都千代田区霞が関2-1-3 国土交通省
名古屋会場:愛知県名古屋市中区三の丸2-2-1 中部運輸局
大阪会場:大阪府大阪市中央区大手前4-1-76 近畿運輸局
広島会場:広島県広島市中区上八丁堀6番30号 中国運輸局
福岡会場:福岡県福岡市博多区博多駅東2-11-1 九州運輸局
受験手数料 2,000円
申込URL http://sys.caipt.or.jp/
申込期間 2019年3月15日(金)~4月1日(月)15時00分
学習用テキスト
備考

分野別方針(宿泊業)

所管行政機関 国交省
担当部署 観光庁観光産業課観光人材政策室
03-5253-8367
受入れ見込み数 22,000人(5年間の最大人数)
技能試験 宿泊業技能測定試験(仮)
日本語試験 日本語能力判定テスト(仮)
従事する業務 フロント,企画・広報,接客,レストランサービス等の宿泊サービスの提供
雇用形態 直接
特定技能2号の受入れの有無
受入れ機関に対して特に課す条件 ・国交省が組織する協議会に参加し,必要な協力を行うこと
・国交省が行う調査又は指導に対し,必要な協力を行うこと
・登録支援機関に支援計画の実施を委託するに当たっては,上記条件を満たす登録支援機関に委託すること
・「旅館・ホテル営業」の許可を受けた者であること
・風俗営業関連の施設に該当しないこと
・風俗営業関連の接待を行わせないこと
特定技能採用サポート by MEDiPASS